2008年01月

2008年01月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

カーツHPによると加圧トレーニングのメカニズムとは

「加圧トレーニング」は、カラダに本来備わっているメカニズムを利用した、日本発世界初のまったく新しいトレーニングメソッドです。
ポイントは、腕・太腿の付け根を適切な圧力で締めることで、血流を適度に制限すること。
これにより、筋肉はハードなトレーニングをしたときと同じような状態になり、成長ホルモンの分泌が促進されます。
つまり、従来のウエイトトレーニングなどでは、高い負荷によってしか得られなかった効果を、より短時間、軽い負荷の運動で得ることができるのです。それが「加圧トレーニング」なのです。しかも、実際に重い負荷をかけているわけではないので、筋肉組織が破壊されることが少なく、関節や靱帯にかかる負担が軽く済みます。


 というものです。
 成長ホルモンの分泌促進が促されているかどうかは、目に見えないので良くは解りませんが、筋トレ後の筋肉痛が早く治るのは体感しています。
 以前であれば1週間は痛みが続くところを、おおむね半分の3日ほどで痛みが引くようになりました。

 ちょっと参考になった方は、お手数ですが下のバナーをクリックしてください!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。